中央稜よりも厳しかった谷川南稜!

日時:2005年7月23日(土)
メンバー:(○パーティー編成)
○ 上小牧 憲弘・阿久津 雄二・久地井 七生
○ 石賀 雅浩(報告)・久地井 豊

時間:
前夜20:20 宇都宮出発 → 00:35 立体駐車場到着 → 04:00 起床 → 04:55 一ノ倉沢出合出発 → 07:00 南稜テラス到着
09:55? 1P前半開始 → 10:20? 1P後半 → 10:40 2P → 11:10 3P → 11:20 4P → 11:45 5P → 12:35? 6P → 13:00 終了点到着 〜 13:15 くっちー到着
14:05 国境稜線へ歩行開始 → 14:50 退却宣言 → 15:40 南稜終了点より懸垂開始 → 18:10 南稜テラス出発 → 20:25 一ノ倉沢出合到着 → 02:30 宇都宮到着

会社で年に2度ある3連休。大手を振って休めるこのチャンスに谷川と北岳バッドレスのどちらにするか?…なんて大きな野望を抱いてはいたが、バッドレスへの同行者が見つからず、早くから計画が挙がっていたドクター・Gパンの南稜に同行させていただく事にした。最初は3人での南稜のみが、マイカー規制の影響でバッドレス行きを延期したくっちーずが参加することで2パーティーになり、南稜+中央稜がスタカットで現実になり、前週の松木合宿でリードにも自信が付き、どんどん膨らむ胸の内の高まりを抑えながら準備をした。

前夜、阿久津さんを拾った頃より雨が降り始め、いやな予感が漂いながらも上小牧邸へと向う。自宅前に着くと同時に湖子ちゃんはドクターの足を放さない。一瞬でも放れると泣き顔になり、また掴むと笑顔に。江里子さんはすばらしい人です。もしや「旦那は留守が一番○○」なんてこたぁないよね。湖子ちゃん、2週に渡っておとーさんを拉致?してごめんね。今回は2手に別れて湯檜曽駅で集合。くっちーずは50号線経由で、我々は金精峠経由で。くっちーずの方が1時間早く着きそうだ。早く行かなきゃと気ばかりがはやるが、外は大雨。いろは坂では、溝のないスタッドレスがコーナーを曲がる度に滑り…こういう時に早くタイヤの買い替えを行っておけばよかったと思うものである。12時過ぎに合流し、そのまま立体駐車場へ。少しでも睡眠を取りたくてビールを買って飲むが、眠気が来ない。正味2時間か。予定の起床30分前に一度外に出る。雨は止んでいたが、辺りは濃霧がかかっていた。

4時過ぎ起床。即行で一ノ倉の駐車場へ向い、そこで朝飯。ワタクシは海苔弁。最近の海苔弁は豪華である。唐揚にハンバーグにコロッケに揚げ竹輪に、またコロッケに…スバラシイ!準備万端、腹ごしらえも万端!がっちゃんは登山靴、がっちゃん以外は運動靴でスタートする。車は10台程停まっていた。
6月は入り口から雪渓歩きであったが、今日は50m程沢を渡り、100m程左にある登山道を歩きいてから雪渓歩き。今年は雪が多く残り、ヒョングリの滝もまだ雪面よりはるか下。今回もアプローチは容易であった。最初の2股は一の沢との合流地点。そしてすぐにまた稜線を挟んで2股が出現。雪渓はずっと先まで続いていたのでテールリッジにはまだ近いと判断し、左の雪渓を進む。経験とカンを頼りに…これが結果としてテールリッジを見逃す原因となった。よろしくなかったですねぇ。30m程登った時に一瞬ガスがなくなり、右に衝立岩が出現。これを見た瞬間「やっちゃったー」せめてロスが少なかったのは幸いである。テールリッジは左からは雪渓との間が大きく離れていて登れそうになかったので、一旦下りて右に廻りこんで取り付く。このロスのお陰で後から来た3人組のパーティーに抜かれる。まあまだガスは当分抜けそうにないので、ロープを出し、3人組の後から落ち着いて最初のフェースを一人づつ登った。
テールリッジは濡れており、谷川デビューのくっちーず&Gパンは少々緊張していたようである。しかしペースはゆっくりとしたものでも、休むことなく中央稜の取付点を通過。大したもんである。先を歩いていた3人組は中央稜の取付点のずっと下でとっとと休憩に入り、既に視界からは見えなかった。ここから南稜へはがっちゃんも初めて。慎重に足を運ぶ。後半のへつりのようなトラバースはななみんが苦労していたが、そこはくっちーが後ろからフォロー。ナ〜イス!テラス直下の岩場は濡れている分苦労したが、7時ジャストに南稜テラス到着。正味2時間もかかったが、状況が悪い分まずは無事でなによりであった。

テラスの第一印象は「見た目より広くないな〜」…贅沢か?。ドクター組が先に取り付く分、がっちゃんとくっちーはゆっくり気持ちを落ち着かせながら準備を整える。岩はまだ濡れていた。少し間を置いて7時半、ドクターがリードで登り始める。初っ端から「悪い、いやらしい〜」を連発!逆にこっちが緊張してしまう程である。でも特に危なげなくドクターはフェースを抜け、そのままチムニーへと取り掛かる。この頃3人組がテラスに到着。ドクターはチムニーを2〜3m登った辺りでピタッ!と止まった。そこから殆ど動かない。何やってんの〜?とはじめは思ったが、そのうちドクターでさえ登れないとなると…早くも雲行きが怪しくなった。そして「あっ!」ドクターが突然落下。Gパンのビレイに衝撃はなく、ヌンチャクを引っ掛けられずに下の土手に落ちたようだ。ドクターはその後しばらくは考え事をしていたようであるが、どうやら怪我をしたようで一旦下りてくることに。ドクターがテラスに戻ってきたときには、他に2人組みが2パーティー到着。総勢12人の大所帯となってしまった。「しかしなぜ?」ドクター談…チムニーの中にカムを引っ掛け、そのカムでA0しようとしたら、その上のガバまでが遠くてカムを上に引いてしまい、はずれて落ちてしまった…のだそうだ。カムでのA0は慎重に、そしてリードではなおさら落ち着いて…と自認する。
さて、我々は3人組に「お先にどうぞ…」。3人組はドクターの状況を見て「無理無理」。次に来た2人組も自信はないようで「トップは〜遠慮します」。そして最後の2人組は「十数年ぶりだけど、誰も行かないなら…」。ということで最終的に決まった順番は、テラスに到着した最後から順に取り付くことになった。なんとも恥ずい話だが、その分ドクターの治療に専念できるのでうちらも異論はなかった。最初に取付くことになった2人組は、栃木労山の野木山想会の方々であった。我々もどこの会?と聞かれたので、恥ずかしながら名乗ったが…「え?宇都宮山岳会?」「ん?渓流会?」…同じ県内でも知名度ないんだな〜…よしよし!なおドクターの怪我は右足の膝下。左側は腫れ、右側は3センチ程パックリ。我々から見れば尋常ではなかったが、本人はいたって元気。2番目に登る2人組パーティーの一人から傷口に効きそうな薬をもらい、三角巾とテーピングで止血。これでバッチリ!なんて言ったかはわからんが、すぐに撤退とは考えず、とりあえず先行を譲ったパーティーの様子を見てから結論を出すことにした。
栃木労山系パーティーはチムニーの手前で一旦ピッチを切り、チムニーはかなりの時間をかけて慎重に切り抜ける。「おっ!やる〜」すると、次の2人組パーティーも同じスタイルで切り抜ける。希望が見えた。そして3人組パーティーもテラスを後にし、いよいよ我々の番がやってきた。もう10時前。3時間弱も居たことになる。この間に空はガスが抜けていつしか晴れ渡り、中央稜には20人もの人影が見える。あちらも盛況!

んで…今日はとりあえず、がっちゃん&くっちーパーティーの1Pの登りを見て我々の南稜の進退を決めることに。「おおっ!これは重要だ。決して気負ってはいけない。逆に確実にステップを踏んでいけば登れるはず」と先行パーティーの2ピッチ作戦を見習ってとりかかる。スタートは?…くっちーは後から参加した手前か、がっちゃんにスタートを譲ってくれた。ありがとサンキュー!
●1P前半フェース〔ルート図の表示:1Pは30m4級〕…がっちゃんリード:20m3級
出だしの岩を右から巻いたあとはフェースを真っ直ぐ行けるのではと思ったが、手がかりも足を置く場もなく、ルート図同様に左のカンテラインに廻りこんでチムニー手前に到着。岩はもう殆ど乾いてはいたが、この手が滑ったら…なんてなんとなく不安に思う出だしであった。先行する3人組のリーダーは、チムニーの中で他の2人に足の置き場所を細かく伝授していたが、幾度言ってもセカンドの2人は既にビビッてしまっていて頭に入らないらしい。終いには2人が「無理です」。彼らはここで敗退。懸垂でテラスへと下りていってしまった。
●1P後半チムニー…がっちゃんリード:10m4級
今日の最大の核心である。ここを切り抜けられねば本日は撤退である。3人組のリーダーの真似をすれば登れると信じてとりかかる。しか〜し、すぐ忘れる。というよりは、ありゃぁがっちゃんも無理な登り方であった。チムニーに入り、手足は右壁に。左壁には背中を押し付け、少しずつ上がる。岩は1P前半と同様、殆ど乾いてはいるものの滑りやすそうな状態。右壁にある1本目のハーケンにヌンチャクをクリップしたが、安心できない。ここで割れ目を見ると奥の奥まで入りたがる、がっちゃん癖が発生。しかし今回は安心できる確実な支点を求めて、チムニーの奥深くにあるクラックにエイリアンをぶち込む。その途端、安堵感が満ち溢れた。クライミングとはこんなもんか。ただその後は、時間を使いすぎたこととチムニーの両壁にうまく両足を押し当てることが出来ず、右壁にある2番目のハーケンに掛けたヌンチャクをA0して右上に迂回して1Pのビレイ点へと向う。ちと残念であったが。後にくっちーが「がっちゃんすごいね〜!」…A0したのでそんなこたぁない!それに比べて、くっちーの登る様子を見ていたが…「へ?なぜ?」と思うほど、特に苦労している感じなどなく登ってきた。これがトップとセカンドとの差か?何はともあれ1Pを抜けた瞬間、これで南稜は頂上まで行ける…と確信した。
●2P〔25m3級上〕…くっちーリード:25m3級
くっちーに少し休むように言ったが、「ドクターがすぐ来るので行くよ」水を飲んで一息だけ入れて登り始める。いや〜頼もしい。始まりは右上に向かい、中間から左上に進路を変える。最後の乗越は梃子摺ったようではあるが、問題なくクリアー。と同時にドクターがやってきた。感想一発「岩が乾いている〜」最初のリードに比べれば楽だったようだ。3時間のロスは大きいが、待った甲斐があったというものだ。さて、くっちーからのコールのあと、同じようにセカンドで登る。もう岩は乾いており、快適な登りを楽しむ。3人組の影響もあってくっちーが到着した時には、既に先行パーティーの姿はもうなかったそうだ。
●3P〔40m1級〕…がっちゃんリード:45m1級
3Pは草付き帯。らくらく通過。であるが、何かあるかもしれぬのでビレイをお願いして登る。というよりはさして何も考えずにひとつのピッチと認識して登った。
●4P〔20m3級〕…くっちーリード:35m3級
幅の広いフェースをくっちーリードで登る。くっちーはまず2m登ったが、その先支点が見当たらずモタついている。すると左に一本ハーケンが見えたので、ルートを左にアドバイス。するとスルスルっと登ってしまい、頭上の張り出した岩を巻いて見えなくなってしまった。しばらくはロープの流れを頼りに指示を待つことに。しかしルート図では20mのはずなのに、どんどんロープが延びていく。やがて心配になり声を掛けるが、大丈夫と返事が…。次がっちゃんの番になり登っていくと、20m地点でビレイ点はあるが環境はさして良くなく、そのまま登っていくと南稜テラスと同じくらいのテラスが出現。ここでくっちーはビレイをしていた。パートナーを信頼することも重要と、こんなところで再認識。途中に見えたビレイ点は後に考えると下降ルートに使うものであることが判った。
●5P〔30m3級+30m4級〕…がっちゃんリード:45m4級上+くっちーリード:5m3級
ここからは稜線を上がり馬の背へ向って…ところがどこから上がるが判らず、先を見ればビレイ点がいっぱい。おかしいと思いながらも6ルンゼをどんどん進んでしまった。やがて垂壁に着くと右上の稜線の先にヘルメットが見えた。「あっちゃー」あとの祭りである。くっちーにロープの残りを確認すると5m、ギリギリである。また右上に居る方に声を掛けると、その方が居る下にもビレイ点があるとアドバイスを戴く。自分の居る真横らしい。これも距離にして5m。ならば…トラバースして切り抜けようとトライ。ここは草付きの土台に突起した岩が幾つも飛び出ている垂壁。一つ一つしっかりホールドしていけば切り抜けられると慎重に体を移動。終盤ここさえ抑えればと右足を置こうとした岩が、体重を掛けた瞬間ボロッ!と落ちる。「うえ〜!あと1mなのに」これ以上は進めなくなってしまった。これはマズイ!体制が悪いなか周囲をうかがうと、50センチ上に通れそうなラインを見つけ、2mほど戻ってそのラインを行くと難なく馬の背に出た。「っふう〜!」セカンドのくっちーはあまり苦労せずに登ってきたが、意味のない苦労をさせてしまった挙句、一番快適な登攀を楽しめるはずの馬の背を通らず、ゴメンね!また最後の6Pへ登る際はやはり先行パーティーの居たビレイ点がよかろうと、くっちーにそのまま5m登ってもらう。思いもよらぬルートミス。今回一番時間を費やしてしまった。的確なルートファインティングとスピードがますます重要だと感じる。
●6P〔20m5級〕…がっちゃんリード:20m5級下
さて…やっとの思いで南稜の核心である。くっちーに「行く?」と尋ねると「がっちゃん、行っていいよ」「おお!」…内心はまたまた、ありがとサンキュー!ここをリードしなければ南稜に来た意味がない。な〜んて一端な口を掃くようになったもんだと自問しながらリード開始。この時既にドクターも追いついていた。最終Pは右の凹角から登攀開始。ピッチ半ばにある小さなテラスで一息深呼吸し、右の岩を登って最後の垂壁に挑む。垂壁は中央にクラックが一筋走る。横にも段々と沢山のクラックが走るが、指がかかる場所は少なく、縦横をうまく利用して少しずつ登る。終了点のテラスまであと50センチのところで右側のハーケンにヌンチャクをクリップ。最後は左の指が3本置けそうな外傾したホールドをしっかり抑えて「ファイト一発!」と行きたい所であったが、それはまだがっちゃんには無理。後ろを振り返れば、ドクター・パーティーの後に更に2人組パーティーが登ってきていた。しばらくは突破口を探したが、所々では岩がまだ濡れており、抜けきる自信はなく…結局は確実にA0で切り抜ける。くっちーはここでもテンポよく登ってくる。だが、ちょっと様子が変だ。よく見るとヌンチャクを全て残置している。ドクターの時間短縮作戦らしく、ドクターがそのままヌンチャクに引っ掛けて登ってきていた。最後はくっちーも疲れたようで、達磨さんのように転がりながらテラスに到着。南稜制覇!くっちーお疲れ様でした!
その後、リードで登ってくるドクターのA0をフォーカスしようと続いてカメラを向ける…悪趣味がっちゃんである。しかし、最後のムーブを根気よく考えているようで邪魔しちゃぁ悪く、カメラを向けるのを途中でやめる。がっちゃんとくっちーは終了点もドクターに明け渡し、下降ルートの支点の横で待機。その後Gパンとななみんもテンポよく登ってきたようで、全員無事に南稜を制覇した。後から尋ねると、ドクターも最後はA0してしまったという。A0せず登りきったのは、なんとGパンのみ!凄い!

時は既に2時。取付の3時間のロスが響き、もう国境稜線へ抜けるのは無理だと思っていたが、くっちーが是非行きたいと直訴。一ノ倉尾根へ登り始める。しか〜し、初っ端に現れたスラブ系の岩場は濡れており、スニーカーでは危なくて登れない。急遽フリー靴に履き替え、40mのフィックスを張ったが、突然のハプニングに思いもよらぬ時間がかかる。その先もまだ岩場が続いて時間がかかりそうで、このペースで西黒を廻っては、明るいうちには到底辿り着けないと判断。今日はここまで。結局は6ルンゼ右俣から懸垂下降で下りることにした。
南稜の下降も大変であった。ドクターが先頭で下りる。ルート図では40m3ピッチとなってはいるが、登ってきた所ではないために支点が判りづらいのと、どうもルンゼにロープがうまく落せず、最初は20mで切る。次も25m程。もう少し延ばせるのではと、がっちゃんがそのまま40mまで延ばした。もうちょっと頑張れば4P目の広いテラスのビレイ点に届いたが、その後のロープの流れを考えてやめる。そして下降3P目。それでも危惧していたことが起きる。ドクターが先頭で行った時には、下降後のロープ確認では引けた。しかしそのあとGパン・がっちゃん・くっちーと下り、最後にななみんが下りてロープを回収しようとしたら引けないではないか。ドクターとGパンは既に南稜テラスまで下りていたため、残ったくっちーとがっちゃんが加わって3人で引く。ん〜が、ぶら下がろうが全身のバネを使おう(既にパワーは殆ど無いが…)が、全くびくともしない。仕方なくななみんが片方のロープにタイブロックを掛けてわざわざ登り返し、途中で引っ掛かっている所を器用にうまく解いて再び懸垂で下りる。ないすサンキュー!もうくたびれモードなのに悪かったね〜!この珍事に1時間近くロス。これがその後の行程に大きく影響してしまうことになる。全員がテラスに戻ってきたのは6時ジャストであった。暗くなる前に行けるところまで行こうと、くっちーずは殆ど休憩せず下山を開始した。再び…悪かったね〜!これが響いてテールリッジの後半よりヘッデンを点けての下降となる。雪渓に下りたときはもう真っ暗。時間が掛かっても慎重に下り、駐車場に到着したのは8時半。みなさん、お疲れ様でした。

ドクターの足を心配し、明日の中央稜は中止。がっちゃん自身も相当疲れているなと実感し同意。みんなで帰ることに。もう風呂にありつける時間は過ぎていたため、せめて飯だけでもと車を走らせる。だがしばらくはお店がなく、水上I.Cを越えて国道を沼田方面に向うと右にやっと食堂を発見。名は「ピッケル」。山と関係がおおありのような食堂である。店内はもう誰も居なかったが、お断りを承知で交渉すると快くOK!ドクターがまずビール、他スタミナラーメン3つとかつ丼定食2つを注文。そのうち店のおばさんから昔の山ヤの講話が始まる。緑山岳会の昔の知られざる貴重なお話であった。また注文品とは別に、茄子や胡瓜の漬物がテーブルに並び、疲れた体にグー!山ヤと聞けば何かと世話好きなおばさんであった。ひょっとしたら…超有名人かも知れない。感謝!